日本酒で有名なところとして、真っ先に思い浮かべるとしたら、新潟でしょう。
しかし、新潟の銘酒が有名になった歴史は意外と浅いのです。
戦後、日本中の中でも特に貧しかった新潟では、甘いものが不足がちで、日本酒も甘いものが求められたようです。

スポンサードリンク

新潟の日本酒

新潟は、寒すぎる気候や酒造りにミネラルの少ない軟水が原料に使われていたので、味わいのないものでした。
転機は1957年に訪れます。五百万石という、酒造好適米が開発されたときです。

五百万石の名前は、当時、新潟県の米の生産量が五百万石を突破したというところから来ているそうです。
このお米が、新潟の日本酒に「淡麗」さを醸し出す変革をもたらしました。

「淡麗」という言葉は、最近ではビールでもよく使われています。サラサラした、キレのよいお酒という意味でしょうか。
これをきっかけに、新潟県は高品質な銘酒の産地としてぐんぐん出荷量をのばしていきます。

平成11年6月までのデータで特定名称酒の出荷量の全国平均が25.5%とされています。
これに対して、新潟県の特定名称酒の出荷量は55.3%と、いかに新潟が高品質な日本酒を出荷している銘酒どころであるかわかるでしょう。

昭和の終わり頃、新潟県は日本酒全体の出荷量でも、昭和60年の18.9%から特定名称酒が占める割合が3倍弱にまで増加しています。

新潟県が短い間にこれほど有名になったのは、お米の品質もそうですが、高級なお酒造りに努力してきた人々があってこその現在があるのです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

日本酒人気ランキング:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://q.121b.com/sake/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。